好感度をあげるスキル3

今回はメールでの好感度。

 

アラフォー女性が人間関係において、

コミュニケーションを図る意味を伝える
セルフコミュニケーショントレーナー笹本ゆかりです。

 

色々方法はありますが

息が合うなんて言葉があるように

タイミングやリズムが合うと会話は弾みますよね。

 

 

メールでも同様のことがいえます。

相手が丁寧なら丁寧に

行間があいているならあける

相手の文章をまねるのです。

 

ミラーリングといって相手が首を傾げたら

わずかにこちらも傾げるなど

行動を合わせたり

 

バックトラックのように

相手の言葉をオウム返しすることで

信頼関係を築くのと同様といえます。

 

注意点としては

あくまで相手が気づかない程度におさめること。

 

 

ミラーリングの例だと

相手が首を傾げた時に

同じくらいの角度、深さで傾げると

 

こいつ真似しているな

 

相手が気づく可能性があります。

真似したとなると

なんだかバカにされたような気分になってしまったり

信頼関係どころじゃなくなってしまいます。

 

相手が気づかない程度に微かに傾げるがポイント

相手は気付かなくても相手の無意識は

ちゃんと

こいつは自分と似ているな、安心だな

と認めてくれるので大丈夫なのです。

 

自分がくだけた感じでメールしているのに

ものすごく丁寧な敬語でびっちり返信されたら

なんだか温度差を感じてしまいますよね。

 

お相手との関係性にもよりますが

目上の方が冗談交じりのメールがきたなら

その3分の1程度で冗談を交えてみるなど

 

控えめさじ加減がポイントですが

試す価値はあると思いますよ

この記事を書いている人

笹本ゆかり
笹本ゆかりコミュニケーション達人会会長
『コミュニケーションが苦手』と言い切る鎖国主義な私が主催するコミュニケーション達人会。人との付き合い方、自分との付き合い方、そして今の時代避けることができないSNSで付き合い方(文章術)を紹介しております。

メルマガ登録

あなたの心をほんの100g軽くするかもしれないメール講座。

「え!?そんなことで良いの???」
「そう考えれば良いんだあ~♪」

など目からうろこの腹黒い内容が盛りだくさん(笑)
『メルマガの内容面白い』と大好評!
今すぐご登録ください。