頼みごとを円滑にするコミュニケーションのコツ

先日、健康診断にいってきました。

結果が怖い。。。

 

アラフォー女性が人間関係において、
コミュニケーションを図る意味を伝える
セルフコミュニケーショントレーナー笹本ゆかりです。

 

これコピーお願い。

頼んだらあからさまに嫌な顔をされたり

断られたり。。。。

 

 

実は何かを人に頼むにも

スムーズにいくコミュニケーションのコツが存在するのです。

色々ありますが、理由をつけるもその1つ。

 

 

とある実験で

コピーをしている最中の人に

先にコピーをさせてほしいとお願いをした際

 

なんでもいいから理由をつけると

順番を譲ってもらえる率はかなり高かったそうです。

 

「先にコピーさせてください」では断られても

「急いでいるので先にコピーとらせて下さい」

だと譲ってもらえてしまうという(笑)

 

極端なことを言えば

「コピーしたいので先にいいですか?」

でも何らかの理由づけがあれば、ある程度の依頼は通りやすいのです。

 

 

もちろん、お相手の緊急度や気分

こちらのコピー部数が50枚など大量だと断られますが(笑)

 

 

これは知っておくと非常に便利です。

私自身もなんだか相手は忙しそうだけど、

今話さなきゃって時に

 

「今よろしいですか?」ではなく

「お話があるので今よろしいですか?」

必ず理由をつけています。

 

前者だと、いやちょっと。。。な場面でも

後者の言い方だとよほどでない限りは腰をあげてくれます。

 

 

1人で生きている訳ではないし

仕事にしろ友人関係にしろ

コミュニケーションに頼み事はつきもの。

 

 

依頼の仕方、コツを知っていると

お互いに嫌な思いをせず

円滑なコミュニケーションに繋がっていきますよね。

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いている人

笹本ゆかり
笹本ゆかりコミュニケーション達人会会長
『コミュニケーションが苦手』と言い切る鎖国主義な私が主催するコミュニケーション達人会。人との付き合い方、自分との付き合い方、そして今の時代避けることができないSNSで付き合い方(文章術)を紹介しております。

メルマガ登録

あなたの心をほんの100g軽くするかもしれないメール講座。

「え!?そんなことで良いの???」
「そう考えれば良いんだあ~♪」

など目からうろこの腹黒い内容が盛りだくさん(笑)
『メルマガの内容面白い』と大好評!
今すぐご登録ください。