コミュニケーションとは○○です

そろそろ衣替えしてもいいかしら

 

アラフォー女性が人間関係において、
コミュニケーションを図る意味を伝える
セルフコミュニケーショントレーナー笹本ゆかりです。

 

さて表題の○○には漢字二文字が入ります。

なんでしょうか???

 

 

経験です。

 

 

例えば、保育園や幼稚園に通い始めると

他のお友達もいますし

おもちゃや遊具をひとり占めにはできなくなりますし

 

 

時には横入りされたり、守らなきゃいけないルールがあったり

お父さんやお母さんと過ごす家では

味わったことのない感情や出来事に遭遇していきます。

 

 

それが経験となり、

いわゆる社会性や団体行動を学んでいくわけです。

 

 

つまり経験が違えばコミュニケーションの取り方も

違いがでてきますし、世代でのギャップは生じて当然なのです。

 

 

 

最近では部下がなんでもラインで報告してくる

なんて上司の立場の方が嘆く声をよく耳にします。

 

是非はおいておいて(笑)

私も含み、その年代の人はラインなんて最近のもの。

ラインを駆使する彼らの年齢だったころは

携帯があるかないか。

 

会社へ休む、遅刻するなどの連絡は

固定電話から固定電話が当たりまえの世代。

 

 

ところが今の新入社員世代は

ラインなんて既にあり、そのツールが当たりまえなんですよね。

 

 

世代ごとの経験や当たり前を話が通じない、古い、

常識がないとお互いに否定しあっては

コミュニケーションがうまくとれるはずもありませんよね?

 

 

私自身は40代にしては珍しく一人っ子なのですが

何かをとられることや、いわゆるチャンネル争いとは

無縁で育っているんです。

 

なので、

好きなものはとっておいて後で食べる派。

 

しかしいとこたちが集まるお盆やお正月は

好きなものははじめに食べていました。

 

なぜかって?

残しておいたらとられるか

なくなるのを経験したからです(笑)

 

とられたーと泣いても、通じないし

泣くよりも先に食べてしまったほうが

自分もいとこたちも嫌な思いをしないんだと

コミュニケーションを学習したともいえる出来事かも

しれませんね。

メルマガ登録

あなたの心をほんの100g軽くするかもしれないメール講座。

「え!?そんなことで良いの???」
「そう考えれば良いんだあ~♪」

など目からうろこの腹黒い内容が盛りだくさん(笑)
『メルマガの内容面白い』と大好評!
今すぐご登録ください。