嫌味な人2

先日、非常勤講師先の授業が修了いたしました。

修了はしましたが

受講生さんはここからがスタート。

 

これからが楽しみです。

次回の授業に向けて私もスタートとなります。

あなたのココロを100グラム軽くする

セルフコミュニケーションプランナー笹本ゆかりです。

 

 

嫌味な人の期待にこたえるポイントをお伝えする今回。

まず嫌味を言われた時、あなたはどう対応していますか?

良い悪いなく

 

・不快を顔にだす

・明らかにテンションがさがる

・言い返す

 

などでしょうか?

 

気持ちはごもっともですがこれらはもちろんNG対応です。

これらは嫌味な人の期待にこたえる対応ですからね。

 

あなたを不快にしたい期待を叶えられたら

嫌味はとまることはありません。

だって期待にこたえてくれちゃうんですもん。

 

 

「なんでこんなこともできないのかしら~」

なんて言われたらカチーンとくるし

お前だってできないだろーが!!!!!!

と言い返したくなりますが

 

 

ここはあんたの期待にこたえてやるもんかの精神で。

 

「本当になんでできないんですかねー申し訳ないですー」

笑顔で言おうものなら、相手は結構ひるみますよ(実話)

 

 

私なんかはひねくれているので

「ですよねー。~さんは完璧ですからこれお願いしまーす」

相手ができないのを承知で丸投げしたこともあります。

※これは賛否両論わかれるところですが

私もニンゲンだもの。限度はあるのですよ。

 

 

この場合のポイントは

不快にしたい、とっちめたいという相手の期待にこたえないこと。

 

 

このやろー

と思ったら

深呼吸をしてみましょう。

 

 

一拍おくと期待にこたえないこと。

が頭にあれば

不快なんかでしてやるもんかとなれたりします。

 

 

嫌味を言われたら

相手をやっつけたい気持ちがあなたにも芽生えるかもしれません。

それを表にだしてしまったら

 

あなた自身が嫌味な人になってしまうのです。

 

 

次回はこたえる期待についてお伝えしますね。

この記事を書いている人

笹本ゆかり
笹本ゆかりコミュニケーション達人会会長
『コミュニケーションが苦手』と言い切る鎖国主義な私が主催するコミュニケーション達人会。人との付き合い方、自分との付き合い方、そして今の時代避けることができないSNSで付き合い方(文章術)を紹介しております。

メルマガ登録

あなたの心をほんの100g軽くするかもしれないメール講座。

「え!?そんなことで良いの???」
「そう考えれば良いんだあ~♪」

など目からうろこの腹黒い内容が盛りだくさん(笑)
『メルマガの内容面白い』と大好評!
今すぐご登録ください。