ネガティブなのはダメなこと?2

梅雨入りしましたね~

続きが随分間があいてしまいました?

 

あなたのココロを100グラム軽くする

コミュニケーションプランナー笹本ゆかりです

 

ネガティブを否定するのは真のネガティブ。

何事も悪く捉えてはだめ!

ハッピーに!ポジティブに!!!

 

確かに心理のスキルに良く言い換えるものもありますし

コップに半分入った水を半分しかないと嘆くより

半分もある♪と思えた方が幸せかもしれません。

 

 

しかし前者の悲観的な考えがあるからこそ

備える・用心することができる点は否めません。

 

 

話を戻しますが

ネガティブを否定するあまり本来の感情を否定してしまう

こんな例をよく目にします。

 

 

ひどいことを言われてもあの人は本当はいい人だから。

誰でも言いすぎちゃうこともある。

ポジティブにいこう♪

 

 

これ一見、ポジティブですが自分にすごくやさしくない。

 

 

嫌なことを言われたら悲しくなったり腹が立つのは当たり前。

ネガティブな感情を認めた上でどうするのかが

大事だと思うのです。

 

 

嫌なことをされても嫌なことと受け止めない。

そもそもそれってポジティブ???

 

 

 

ネガティブを認めるのは嫌なことを認めること。

しんどくなることもありますが

そのしんどさも認めたうえで

はじめてポジティブが生まれるんじゃないかなー

なんて思うのです。

 

この記事を書いている人

笹本ゆかり
笹本ゆかりコミュニケーション達人会会長
『コミュニケーションが苦手』と言い切る鎖国主義な私が主催するコミュニケーション達人会。人との付き合い方、自分との付き合い方、そして今の時代避けることができないSNSで付き合い方(文章術)を紹介しております。

メルマガ登録

あなたの心をほんの100g軽くするかもしれないメール講座。

「え!?そんなことで良いの???」
「そう考えれば良いんだあ~♪」

など目からうろこの腹黒い内容が盛りだくさん(笑)
『メルマガの内容面白い』と大好評!
今すぐご登録ください。