目玉焼きから考えるコミュニケーションの図り方のコツ

アラフォー女性が人間関係において、
コミュニケーションを図る意味を伝える
セルフコミュニケーショントレーナー笹本ゆかりです。

 

目玉焼きにはソースか醤油どちら???

 

これ、実は円滑なコミュニケーションを図るための

ポイントなんです!
好みはそれぞれで
ソースがいい人も醤油がいい人もいますよね。
中には塩!マヨネーズ!って人もいるでしょう。
当たり前だ、コミュニケーションと何の関係が?

と思われるかもしれません。

 

もう少しお付き合いください。

醤油がうまいのに~と感じながらも

それをかける人もいるんだなぁ

それ合うの??

くらいの反応がほとんどでしょう。

 

これこそが

円滑なコミュニケーションを図るコツ

なのです。

 

 

上司なんだからこうすべき
私ならこうするのに(しないのに)
母親なのに!

 

日常の不満やコミュニケーションの阻害
に繋がる思考や言葉の数々。
よほど社会のルールやマナーから
逸脱している場合は別にしても
実際、そこまでゆるぎないこうあるのが本当だ
なんて姿はあってないようなものです。
例えば
・子供が小さいうちは母親が常にそばにいるべきというのは
あくまで個人の考え、価値観であり
全ての人にあてはめたり、
要求するものではないわけです。
中には
経済的な理由で預けてでも働かなければいけない人
子どもと離れる時間があった方が
うまく子どもと向き合える人もいますしね。

あなたは
相手の目玉焼きに
目玉焼きには醤油(ソース)なの!!!!!!
と有無をいわさず
かけてしまったりしていませんか?

自分の価値観や考えを
相手におしつけてしまうのは
それと同じことなのかもしれませんね。

 

目玉焼きと同じにするな
と思う人もいるかもしれません。
それも価値観。

自分の価値観があるのは素敵なことです。
しかし
目の前のお相手にも素敵な価値観があるのです。

 

お互いの価値観を受けいることが
円滑にコミュニケーションを図るコツでもあります。
お互いがお互いの考えや価値観を
大切にできたなら。。。。。

ソースをかけるんだね、それもおいしそうだね

醤油もいいよね

楽しい食卓になりそうです。
ちなみに私はソース派です(笑)

food_ham_egg

メルマガ登録

あなたの心をほんの100g軽くするかもしれないメール講座。

「え!?そんなことで良いの???」
「そう考えれば良いんだあ~♪」

など目からうろこの腹黒い内容が盛りだくさん(笑)
『メルマガの内容面白い』と大好評!
今すぐご登録ください。