男女間のコミュニケーションギャップのせいで起こるトラブル例

男と女のコミュニケーションは違います。
って、
もうご存じですよね(笑)

たくさんその内容で
本が出版されていますし
読んだことある方も少なくないでしょう。

しかし!
なぜか埋まらないコミュニケーションギャップ!

日常起こりがちなエピソードを交えて
男女間のコミュニケーションギャップ
をお伝えします。

出会い系サイトに登録の彼氏

例えばこんなエピソード。

同棲中の彼氏が出会い系サイトに
登録しているのを発見!
もちろん彼女は激怒。

画像はイメージ(写真ACより)

しかし彼の方は
いまいち怒りが伝わっていないのか

「ごめんね」
というだけ。

彼女にしてみれば、
出会い系サイトをやっていた事自体が
悲しくショックなので、

「もうやらないよ」
「好きなのは君だけだよ」

の言葉がほしいところ。

なぜこの言葉がでてこないのか!
アウト、セーフのラインが違うから
なんですよねー。

彼女は登録した時点でアウトなわけですが
彼は女性とあった事実はないからセーフだ
と思っている可能性が高いです。

なので
会ってないのになんでそんな怒るんだ?
くらいに感じているかも。

こーゆーときは
事実うんぬんではなく
他に目を向けるような行動が悲しい

としっかり自分の感情を伝えるべし!
です。

私のことを大切んしてくれてないと感じる女性

私のことを大切にしてくれてない
と感じる女性。

でも男性からすれば、

仕事から毎日帰ってきてくつろいでいる
まっすぐ家に帰ってくるってことは
居心地よいに決まっているでしょ、と。

女性からすれば、
「いや、ちゃんと言葉で言ってよ!」
になるわけです。

画像はイメージ(写真ACより)

男性は事実、女性は感情に焦点を当てる

さて、ポイントです。

男性は事実に焦点を当て、
女性は感情に焦点を当てています。

このことからわかるように、
それぞれ視点が違うのです。

同じ出来事を体験しているとしても、
視点が違うからこそ
ギャップやズレが生じるわけです。

女性が
経過や感情を重視するということは、
労いの言葉が大切になります。

女性からすれば、
「私はこんなに大変なことをやったの、
だから、ねぎらいの言葉をかけてよ」

って感じているのです。

なにかをやったことに対して、
「〇〇やってくれてありがとう」
が重要なのです。

「いちいち言わなきゃいけないの」

と男性は面倒くさがりますが、
「ありがとう」
をいうのにどれくらい時間がかかります?

たったこの「ありがとう」を伝えるだけで、
女性はかなり満足します。

女性はねぎらいの言葉がほしいのと同時に、
最後まで話しを聞いてくれるこれが大切
なのです。

男性は
決して途中で話を折って解決策を
言おうとしないようにしましょう。

一方で、男性からすれば、
女性の感情を拾うことは
かなり難易度の高い要求です。

私はコミュニケーションのセミナーで
セミナーに参加した女性に
相談するなら男性ではなく女性に
と伝えているほどです(笑)

どうしても男性に聞いてほしいなら、
「今から話をするから最後まで聞いて」
と前置きをして話をしましょう。

男性と女子は基本別の生き物です。
別の生き物ということは、
取り扱いは別ということ。

こんなことに気をつけて
お互いにコミュニケーションを
心がけてみてはいかがでしょうか。

私のセミナーでもお話しています。
要望があれば達人会で取り上げますね。

個別で
男女のコミュニケーションギャップセミナー
の依頼は以下で内容確認の上ご依頼下さい。

この記事を書いている人

笹本ゆかり
笹本ゆかりコミュニケーション達人会会長
『コミュニケーションが苦手』と言い切る鎖国主義な私が主催するコミュニケーション達人会。人との付き合い方、自分との付き合い方、そして今の時代避けることができないSNSで付き合い方(文章術)を紹介しております。

メルマガ登録

あなたの心をほんの100g軽くするかもしれないメール講座。

「え!?そんなことで良いの???」
「そう考えれば良いんだあ~♪」

など目からうろこの腹黒い内容が盛りだくさん(笑)
『メルマガの内容面白い』と大好評!
今すぐご登録ください。