新しい環境に馴染めない

四月!

引っ越しや異動など新しい環境でスタートを

切った方もいらっしゃるのでは???

 

アラフォー女性が人間関係において、

コミュニケーションを図る意味を伝える
セルフコミュニケーションプランナー笹本ゆかりです。

 

四月も半分近く過ぎた今だからこそ、増えてくるのが

「新しい環境に馴染めないんです」なんて声です。

職場の場合、実働八時間だとしても一日の三分の一の時間を

過ごすわけなので、ここで馴染めないと

会社に行くのが嫌・仕事が嫌となりかねませんよね。

 

今からでも間に合う、馴染めるスキル・ポイントをお伝えします。

 

基本はまず、すること3つ!

挨拶・仕事・焦らないです。

これ、できてるようでできていなかったり

みんながしているからこそ少しの差が大きくでるポイント!

しっかりおさえておきましょう。

 

〇挨拶

そんなの当たり前にしている。と思った方がいるかもしれません。

ポイントは相手をちゃんと見てしているかです。

会話をしているときに相手があなたの顔を見もしなかったら

どうでしょうか?

 

ちゃんと聞いているの?と不安になったり、

話す気もなくなりますよね?

それと同じです。

 

挨拶の時、あちらがこちらを見ていなくても

相手を見て、できればにこやかに笑顔で挨拶をしていると

その姿を見ている人は必ずいます。

 

にこやかに挨拶する人に不快感を抱く人はまずいません。

あなたの知らないところで好感度が上がれば

馴染まないわけがないのです。

 

プラスアルファするなら名前を呼ぶこと。

挨拶以外でも~さん、これ聞いてもいいですか?など

名前を覚えられて嫌だなって人もいませんからね。

 

私は人の名前を覚えるのが苦手だったので苦笑

背が高くて猫背で神経質そうなのが~さん

声が大きくて、いつも忙しそうなのが~さん

みたいに覚えやすい特徴くっつけて記憶してましたねぇ。

 

あとの2つはまた次回!

誰でもできることだからこそ、

あなただけが気を付けることで差がついてきます。

 

鎖国気味で人見知りな私が

どこでもすぐ馴染めている(ように見えている)

のはこの基本の3つを押さえているからだと

言いきれちゃいますもの。

 

 

実際の話だと

講師業だけでは食べていけず、バイトしていた頃

あまり話したことのないようなビルの清掃員の方や

警備員さんたちにも

「おはようございまーす(^^♪」挨拶していたら

 

清掃員さんや警備員さんが

「新しくきたバイトの子は愛想がいいね」

とバイト先の人に話してくれたりするので

 

バイト先の先輩方の印象が勝手にあがり

時間帯が違う人たちからも話しかけてもらう機会が増えました(笑)

 

第三者からのほめ言葉って効くんですよ

※褒めてもらいたい!が透けてみえると

効果が半減するので注意が必要ですが

 

自分から輪に入るのが苦手ならあちらから

入れてもらえる方向にもっていく方法がありますから

無理しなくても実は大丈夫なんです。