すっかり夏ですね~

アラフォー女性が人間関係において、
コミュニケーションを図る意味を伝える
セルフコミュニケーショントレーナー笹本ゆかりです。

 

さて今回は

少し雰囲気を変えて?ある逸話をお伝えします。

 

~ビュリダンのロバ~
一頭の空腹なロバがいます。
3m離れたところに水が入った桶と
餌が入った桶がそれぞれ置いてあります。

水桶とエサ桶の間も3m離れています。
さてロバはどちらの桶に行ったでしょうか???

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
正解は【どちらにもいかない】
ロバはどちらも選ぶことができず餓死してしまうという
心理学での逸話です。
選択の場で【どちらも選べない】と決断できずにいると
大きな損失を被る可能性があるよ
そんな教訓が秘められているのです。
人生は大なり小なり決断の連続です。

朝、もう5分寝たい。。。起きなきゃ遅刻かも

些細なこと、人生に大きな影響を与えること。

 

1日、一生に

わたしたちは必ず決断をせまられているのです。

 

だからこそ

自分自身とコミュニケーションがとれていること

はとても重要なんじゃないか

そう感じています。